自称敏感肌が多いわけ|エステ用品 美容商材卸/通販仕入は美セラ

ログイン
新規会員登録

エステ用品/エステ商材

美容商材・美容用品

ブランドから選ぶ

営業日カレンダー

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日

公式SNSページ

人気のエステ用品、話題の美容商材など新商品、お得情報を配信中。

  • 美セラ公式Instagram
  • 美セラ公式Facebook
  • 美セラ公式Twitter
 

「自称敏感肌」が多いわけ

≪あなたも「自称敏感肌」?≫

「自称敏感肌」が多いわけ 「自称敏感肌」も、すでにすっかり有名になりました。
いろいろな調査では、日本女性の「自称敏感肌」認識度は
全体の6割とも7割とも言われています。
ですがもし、これらの人々の全てが本当に敏感肌であったら、
世の中は大変なことになります。

≪敏感肌=「あまりにも過敏な肌」≫

「敏感」という響きが、「繊細」「はかなげ」といったイメージを
連想させるためでしょうか。
異常な「敏感肌人気」の背景には、
敏感肌について誤解のあることが考えられます。
本来の敏感肌は、ちょっとした刺激にもかぶれを起こしたり、
化学成分が原因で激烈なアレルギー症状を呈する、
病的に過敏な肌質を指します。
髪の毛が1本顔に触れても激しいかゆみを覚えたり、
食物や触れるもののほとんどに注意を払う必要があったりと、
制限や禁止事項の多い生活を強いられるケースが多いものです。

≪敏感肌スパイラルの罠≫

「自称敏感肌」の人の多くに共通するのは、
季節の変わり目や生理前など肌状態がゆらぎやすい時期に、
たまたま合わない化粧品を使って肌荒れなどを起こした際、
肌質だけが理由だと決めつけやすいことです。
もともと神経質で心配性な人が多いため、
思い込みを募らせてストレスを増やし、
そのためにニキビができたり、
合わない(ように感じる)化粧品がどんどん増える…
という悪循環にはまりやすいとも言えます。
これは、とても残念なことです。

≪「ありのまま」の素肌に戻ろう≫

「ありのまま」の素肌に戻ろう 化粧品は本来、心から楽しんで使うもの。
義務感や否定的な思い込み、
「コレしか使えない」といった被害者意識のもとでは、
いくら高価な製品を使っても、決してキレイにはなれません。
肌のザラつきやニキビ程度なら、
誰にもごく普通に起こることです。
体調の悪いときや疲れているとき、暴飲暴食など、
肌に影響が現れる外的要因はいろいろあります。
頭と心をクールダウンさせ、「脱・自称敏感肌」を目指しましょう!

エステ用品・エステ商材の通販、業務用エステ化粧品・美容サロン商材の卸、格安仕入なら美セラ。エステからネイル・マツエク、理美容の業務用化粧品や店舗用品、美容機器の卸通販サイト。サロンの仕入れと集客を応援中!


エステ業務用品/美容商材の卸通販エステ用品/エステ商材 業務用美容用品の卸・通販仕入

美セラ(bisella.com)について

業務用エステ用品、美容商材の卸・通販<美セラ>では、エステサロンをはじめ、美容健康関連施設が使用する業務用品を多数販売しております。
これからサロンの開業開店を予定している方、および美容業務関係者でしたら一品からでも格安で商材仕入れが可能です。

取扱いブランドについて

エステ用品、業務用化粧品、エステ機器、理美容ヘアサロン用品、ネイルサロン用品、マツエク材料など、各美容分野でこだわりや特徴を持つ有名国内メーカーをはじめ、サロン業務に必要な商材や消耗品などを多数品揃えしています。

ページTOPへ