静電気から髪を守ってダメージヘアをなくす|エステ用品 美容商材卸/通販仕入は美セラ

ログイン
新規会員登録

エステ用品/エステ商材

美容商材・美容用品

ブランドから選ぶ

営業日カレンダー

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日

公式SNSページ

人気のエステ用品、話題の美容商材など新商品、お得情報を配信中。

  • 美セラ公式Instagram
  • 美セラ公式Facebook
  • 美セラ公式Twitter
 
静電気から髪を守ってダメージヘアをなくす

≪冬の悩み静電気≫

冬の悩み静電気
冬によくある、ドアノブを持った瞬間、
他の人と触れた瞬間、「バチッ」とくる静電気。
また、セーターを脱ぐ時やドライヤーをかけていると、
髪が自然と広がってしまうなど、
誰でも一度は経験があるでしょう。
静電気は空気が乾燥することで起こる現象ですが、
髪の毛にもかなりのダメージを与えているのです。
そもそも、乾燥しているという状況だけでも、
ダメージヘアを加速させます。
その上静電気が起こることで、更に傷みを加えて
毛根にダメージを与え、切れ毛や抜け毛などの
トラブルを引き起こすことになってしまうのです。

≪髪と静電気のメカニズム≫

まず、必ず世の中の物質には電気が存在しています。
それは、プラスとマイナスの電気で構成されており、
その2つは、それぞれのバランスを保って安定しています。
そのバランスが崩れると、乾燥した空気を通して
金属などに残っている、マイナス電気と結合しようとして、
放電が発生します。

加湿器や森林浴などでよく耳にする「マイナスイオン」ですが、
髪の毛もマイナスに帯電しています。
そして、静電気はプラスの性質を持っています。
放電時にプラスとマイナスがぶつかり、
髪の表面にあるキューティクルが損傷し、タンパク質が流出するため、
ダメージヘアとなってしまうのです。

≪静電気から髪を守ってダメージヘアをなくす≫

髪を静電気から守るには、「加湿と保湿」が重要です。
部屋には加湿器を置き、ドライヤーはマイナスイオンドライヤーを使用するといいでしょう。
シャンプー・コンディショナーも保湿成分のあるものを選びましょう。
髪の水分量は10〜15%が理想です。乾燥している冬の季節には、普段の保湿ケアにプラスして、
閉じ込めた水分が逃げないよう、
オイルやクリームをつけるのも良いでしょう。



エステ業務用品/美容商材の卸通販エステ用品/エステ商材 業務用美容用品の卸・通販仕入

美セラ(bisella.com)について

業務用エステ用品、美容商材の卸・通販<美セラ>では、エステサロンをはじめ、美容健康関連施設が使用する業務用品を多数販売しております。
これからサロンの開業開店を予定している方、および美容業務関係者でしたら一品からでも格安で商材仕入れが可能です。

取扱いブランドについて

エステ用品、業務用化粧品、エステ機器、理美容ヘアサロン用品、ネイルサロン用品、マツエク材料など、各美容分野でこだわりや特徴を持つ有名国内メーカーをはじめ、サロン業務に必要な商材や消耗品などを多数品揃えしています。

ページTOPへ